南半球の小国で生まれた、壮大な音像。CITY OF SOULS、デビューアルバムリリース記念インタビュー

Interview by MOCHI

Translate by Sachiko Yasue

オーストラリアの東に位置する小さな島国、ニュージーランド。千葉県より人口が少ない(なんなら人間より羊の方が多い)国ながら、近年はラグビーで注目された国だ。同時に、その小ささに対し、かつてはMETALLICAのメンバーさえビビらせたSHIHADに始まり、THE DATSUNS、STERIOGRAM、JAKOBU、ULCERATE、ANTAGONIST A.D.と、各ジャンルで良質のバンドを世に送り出してきた国でもある。なかでもニューメタルのムーヴメント終盤、DEFTONES直系のサウンドが話題を呼び、サマソニ出演も果たしたBLINDSPOTTや、DARKEST HOURやAT THE GATES直系のメロデス/メタルコアに、envy等激情ハードコアの要素をブレンドし、2015年と2016年に来日したIN DREAD RESPONSEあたりは、日本でも名が知られているだろう。そのBLINDSPOTTから1人、IN DREAD RESPONSEから3人が参加しており、次に打って出るのがCITY OF SOULSだ。5月に初のアルバム『SYNÆSTHESIA』をリリースした彼らだが、DEFTONESやBRING ME THE HORIZONといったバンドの影響を昇華しつつ、重厚かつ多層的なポスト/オルタナ/プログレッシヴ・メタルを展開。時代の空気と独自性を両立したサウンドで、天下を取る気満々だ。そんなCITY OF SOULSから「日本の人たちに聴いてもらいたい」というオファーを受け、トラジャン・シュウェンケ(g:IN DREAD REPONSE)とのインタビューが実現。親日家でもある彼が、日本でのこと、バンドのこと、そして地元ニュージーランドの音楽シーンについて話してくれた。

――IN DREAD RESPONSEとして2015年、2016年と連続で来日したよね。あれから4年も経ったけど、日本でのことは覚えている?

「もちろん!日本は、僕の音楽人生において最高の経験をさせてくれた場所だからね。実は2014年頃、バンドのメンバーが立て続けに脱退することになって、IN DREAD RESPONSEとしての活動を続けられるかわからなくなっていたし、僕自身、バンドから少し離れていた時期でもあった。でもどうにか新しいメンバーを探してアルバムを作った後、Serenity in Murderが日本ツアーを持ち掛けてくれたし、その次の年も日本でアルバムをリリースした上で、またライヴをやりに行くことができた。妥協せず、しっかりと地に足をつけて音楽を作ることで、新しい出会いや評価を得ることができたんだ。その経験はCITY OF SOULSでもすごく生きているよ。とにかく楽な近道をせず、アーティストとして自分たちが納得できるアルバムを作ることが大切だと学んだ。しっかりとやれば、ちゃんと結果がついてくると教えてくれたのが、日本なんだ」

――その経験を踏まえて、CITY OF SOULSのデビューアルバム『SYNÆSTHESIA』を今年の5月にリリースしたね。

「リリースするまですごく長くて濃い時間を費やしたから、ものすごくほっとしたよ。でも、たしかに結成から5年間の経験や成長をすべてアルバムに込めることができたと思うから、こうして形になってくれて本当によかったと思っている」

――結成は2015年ということだけど、どうやって始まったの?

「このバンドは僕とスティーヴ(・ボーグ/g:IN DREAD REPONSE)といっしょに始めたんだ。二人ともDEFTONESやLINKIN PARK、それにOASISといった、曲の構造が明快なバンドが大好きで、そういった音楽にフォーカスしたい気持ちがあった。そこに友だちが何人か集まってデモを作ったとき、ちゃんとしたバンドにするべきだと考えるようになったんだ。気が付けばIN DREAD RESPONSEのメンバーが3人も集まっていたけど(笑)。もともと同じバンドをやっていたこともあって、影響を受けてきた音楽もお互いわかっている。そのうえで、それぞれ持っている違った要素やセンスを組み合わせてみたいと思ったんだ」

――レイヤーを何層にも重ねた音作りが特徴の一つだけど、『SEMPITERNAL』以降のBRING ME THE HORIZONにも通じる部分があると思う。

「BRING ME THE HORIZONは昔から聴いていたし、影響されたバンドだよ。2012年に彼らがニュージーランドに2日間ライヴをやりに来たんだけど、初日を観に行ったらあまりにもよかったものだから、その場で翌日のチケットも買ったくらい、ものすごく衝撃を受けた。そのライヴが終わった後、興奮状態で書いた曲が“Water”の原型になったんだ。それをスティーヴに聴かせたのが、このバンドの始まりだね。ほかにも、僕たちは子どもの頃からMETALLICAやMESHUGGAH、ほかにもALICE IN CHAINSのようなバンドを聴いてきたから、その影響をよりモダンなサウンドと組み合わせるのはというのは、挑戦していることでもあるよ」

――ギタリストが3人いるけど、マーカス(・パウエル/g:BLIDSPOTT)が7弦で低音を、スティーヴがアンビエント的なテクスチャーを、トラジャンはその間をといった形で振り分けているみたいだね。

「誰がどの音を担うのかは、自然に振り分けができているんだ。メンバー間でディスカッションとかは、ほとんどしていない。みんなで集まった時に、お互いに足を踏まないようにするというか、誰かのやっていることに干渉しないようには意識しているけどね。それにリッチー(・シンプソン/vo)は曲を聴いたら、自分はどんな歌い方をすればいいのかすぐに理解できるタイプ。だからそこまで大変ではないよ。6人全員が納得するまでは完成としないことにしているから、時間こそかかっているけどね」

――加えてエレクトロニクスも使いつつ、音の配置やバランスにはかなり気を使っているよね。情報過多にならないように曲の構造を考えるのは、大変な作業なのでは?

「音のレイヤーを何層にも重ねて分厚い音を作ることは、これまでほかのバンドでもやろうとしていたけど、それをより突き詰めたのがCITY OF SOULSなんだ。特にスティーヴはアンビエントな音作りにも才能があるし、音はいくらでも重ねていける。でも一歩間違えると、音が混ざり合って何も伝わらなくなってしまうんだよね。エモーショナルで力強い音のレイヤーは意識しているけど、さっきも言ったように曲の構造を第一にしたいから、プロデューサーも交えて、どの音が大事なのかは整理している。テクニックや音がどれだけ重なっているかよりも、しっかりと曲を明確にすることが大事だからね」

1 2 3