my ex ヤングパカパカのあと1本!あと1本!あと1本あとあと1本! vol1

youngpakapaka

このコラムを読む前に(2017/7/13):
Googleから「LIVEAGEのこの記事は『ち◯ぽ』という単語を使い過ぎで、Googleのポリシーに反する。単語を消さなければ我々の広告は表示させない」と警告をうけました。
LIVEAGEの数少ない収入源の一つのGoogle広告を止めることはLIVEAGEの死を意味します。LIVEAGEは氏のコラムを削除するか、コラムに使われているHな言葉を伏せ字にするかの選択を迫られました。この12編からなる氏の壮大な作品を削除する事もLIVEAGEには死を意味します。よって、今回は伏せ字で対策させていただきました。氏の氏は不本意かもしれませんが、それが社会なのです。伏せ字を使ったことで氏のコラムの面白さが半減、いや、1/4くらいまで落ちてしまいました。ですので読んでいただけるかたは伏せ字を文字変換しつつ、お楽しみください。

————————————–

ち◯ぽ

いきなり失礼な書き出しで本当にすいません。今回コラムを連載するにあたり、出だしはどうしても「ち◯ぽ」から始めたかったのです。

その様な自分のエゴを剥きだし(ち◯ぽ自体は剥けていないw)にした結果、このコラムを読もうとページを開いてくれた人が完全に読む気を無くす、もしくは「おっ!ち◯ぽか…いいね!いいコラムだよ」と、爆読みしてくれるかのどちらかに完全に分かれてしまい、最終的に幸せの鐘が鳴り響き僕はただ 悲しいふりをするといった、いま社会問題となりつつある「ブランキージェットシティーの住人化状態」になってしまうというのに、「ち◯ぽ」などといった卑猥な単語を書いてしまいました。

本当に、重ね重ね味がさね、おわび申し上げたい所存であるということだけはお伝えしたいのです。

「重ね重ね味がさね?ふざけているのか!いい加減にしろ!」

本当にすいません・・・お怒りになる方がいるだろうということも承知の上で書かせていただきました。

「ち◯ぽ」だけならまだしも、謝罪文に「味がさね」という、多くの人にとっては謎の言葉を挿入してしまいました。

「挿入するのはオ◯ホールだけにしておけ!」

本当にすいません・・・この様なお怒りの言葉が来ることも容易に想像できたにも関わらず、私が「味がさね」という言葉を挿入・・・はい、勿論今後は謝罪文に変な言葉は一切入れず、挿入するのはオ◯ホールだけにする所存であります。本当にすいませんでした。

オ◯ホールの話もゆっくりしたいのですが、オ◯ホールについては次回にまわすとして(ちなみにオ◯ホールが何かわからないという方は、ミナミホイールの様なライブショーケースフェスの一種だと思ってください。嘘です。オ◯ホールとは性具のひとつで、男性器を女性器へ挿入する快感を再現するための膣口および膣をかたちどった製品のことであるとwikipediaに書いてありました。詳しくはwikipediaや「オ◯ホねっと」という日本最大級のオ◯ホール情報サイトがあるので参照 してください)、今回は「味がさね」について皆様に説明したいと思います。

まずはこの画像をご覧ください。

味がさね

そうです、天下一品のメニューのひとつです。以上です。

「何の説明にもなってないぞ!ふざけているのか!いい加減にしろ!」

本当にすいません・・・この様なお怒りの言葉が来ることを容易に想像できたにも関わらず使用したのには深い理由があるのです。理由は下記のとおりです。

重ね重ねでも十分すぎるほど重ねているが、更に味がさねという言葉を重ねることで、ラーメンが好きな方や、天下一品が好きな方にユーモアセンスがある人間だとアピールすることができ、「重ね重ね味がさね」という言葉から感じるミニマルな重厚感はLUNGFISHを想起させるものであることから、ハードコアやエモ、ディスコードが好きな方まで幅広く訴えかけることができ、このコラムを掲載させていただいているのが音楽情報サイトであるということへの整合性もとれているのです。

「ち◯ぽ」「味がさね」「LUNGFISH」…勘の鋭い方ならお気づきだと思います。

そうです、これは全て伏線なのです。

コラム(詩)は1年間で計12本の掲載が予定されています。綿密に張り巡らされた伏線、そして12編からなる壮大な叙事詩と言えます。

コラム(福音)が終わりを迎えた時、あなたは歴史の目撃者となるでしょう。

閑話休題。

突然ではありますが、私から皆さんに提案したいことがあります。

コラム(啓示)を見ている皆さんがひとつになるために、一斉に瞑想をしようではありませんか。

瞑想

目を閉じて…そう…そうです…薄眼を開けてスマホ画面を見てください……大きく息を吸って……そう………今度は大きく息を吐きながら………そし て……ち◯ちん……お◯んちんを……ゆっくり……そうです……いいですよ……焦らずに……いじってください………焦りは禁物です……気持ちいいですか…… 恥ずかしがらなくていいのですよ……ゆっくり……ゆっくり……いじってください……

孤児達が集う丘は北極星の真下にあると云う

その場所を知りたければ白銀の城から9本の尾を持つ狼を放て

闇夜を切り裂く黄金の果実を手に入れた者に道は開けるであろう

はい、油断しましたね。このコラム(銀河)は皆さんへの挑戦状であり、啓示です。

おち◯ちんをいじって気持ちよくなって意識が射精することに集中している隙をついて、私から皆さんへ「宿題」をだしました(精子は出していませんよw)。

「宿題」とは次回の「コラム更新」までに「その場所」に辿り着き「黄金の果実」を手に入れることです。

私は皆さんがこの「宿題」を解くことが出来ないと、確信しています。

なぜなら適当に書いてるからです。

ここまで書いておいてアレなんですが、いま自分が書いた文章を読み直してみたら電波系の人みたいでちょっとキツい感じだったので、次回はテーマを決めて、明るく楽しい感じでやりたいと思います。伏線とかないです、全部嘘です。

ありがとうございました。

次回は「ストロング・ゼロ」について書きます。

PEACE