LIVEAGE RECORDS根問い-レコード編〜KMそれでもひとり語り〜

※今回の内容は2020年7月8日現在のものです。在庫状況等は変動する場合がございます。予めご了承下さい。くわえて著者は最近になって今更「嫌われる勇気」という本をなんとなく読んで、ついでに落語が大好きで、それらのフォーマットに則って書いてみたらこうなりました。こちらも予めご了承ください。

※根問いとは質問者と回答者で話を進める落語の形の一つです。

熊さん(以下 熊)「こんちは!」

 

松っちゃん(以下 松)「こんちは」

 

ご隠居(以下 ご)「おや、熊さんに松っちゃん。今日はどうした?」

 

熊 「聴いてくださいよ!ご隠居!この間LIVEAGE RECORDSがTシャツが沢山入荷して、レコードも入ったって言うからサイトを見てたんですよ!」

 

ご 「今回は著者が好きな落語みたいな会話形式とはいえ、初っ端から単語と設定のギャップが激しいな…。それで?えらいご立腹のようだが…?」

 

熊 「そう!ご立腹もご立腹!未だにIan Mackayeが在籍したEMBRACEのレコードが残ってるんですよ!Rites Of SpringやDag Nastyの流れを汲んでるけど、アルバム1枚のリリースでポストハードコア・エモのオリジンが辿れるナイスなバンドだってのに!」

https://liveage.stores.jp/items/5ead8d9d34ef0108fc044e12



ご 「なるほど…。LIVEAGE RECORDSで取り扱っているエモいハードコア関連と言えば、Abuse Of Powerの7インチはチェックしたかな。90年代のNetwork SoundやNEWAGE RECORDS、そこに在籍したOUTSPOKENやSTRIFEといった当時の西海岸を代表するバンドに影響を受けまくっておる。EMBRACEとは違うけど、一緒にチェックしても間違いはない」

https://liveage.stores.jp/items/5eac478c5157625b565f450b

※ジャケの世界観も堪らない…

 

熊 「Abuse Of Powerですか。2019年にリリースしたアルバムも良かったし、その年のHAVE HEARTの再結成ユーロツアーに同行したのも納得いくってもんなんですが…」

 

ご 「どうした?なにかまだあるのかね?」

 

熊 「いやね、INSTEDYOUTH OF TODAYが売れ残ってるのも信じられないんですよ!名作中の名作をデカいジャケのレコードで買えるチャンスですよ!それともアレですか、やっぱりみんなユースクルーなんてパンクなんてスカスカだから、ヘヴィでみっしりしたメタルc…」

https://liveage.stores.jp/items/5eb83f1a34ef01499ccfb5ce

※著者の中ではあれば聴くユースNo.1。なぜか聴いてしまう。

https://liveage.stores.jp/items/5eaeeebfcee9ea1975110da4

※後ろの人、よく見ると超怖い

https://liveage.stores.jp/items/5eada31dbd2178107ede0a11

※今挙げた3枚はどれも最高



ご 「熊さん、著者の心の叫びが漏れてるとは言え、それ以上は言うな。ユースクルーもパンクもスカスカじゃない。それに全部が売れ残ってるわけではないぞ。LIVEAGE RECORDSに有ると言えば、ECOSTRIKELIFE FORCEは聴いたかな?」

 

熊 「いやあ、去年はMAGNITUDEが良かったもんで、実は…」

 

ご 「そうか。ECOSTRIKEが18年に出したシングルが、YOTやJUDGE等々のポーセルみたいな音になってきておる。現にYOTの”Flame Still Burns”のカバーもしているしな。その一つ前の”VOICE OF STRENGH”で、ヘヴィでSTRIFEのような作風だがこれも堪らない。7月24日に出るアルバムの方がむしろLIVEAGE的ではないかな」

https://liveage.stores.jp/items/5eb8430655fa0330a76357dd



熊 「そういえばLIFEFORCEって?ドイツのVEGANストレートエッジの?」

 

ご 「熊さん、キャラがブレブレだ。あとボケるならレーベルの方にしておきなさい。LIFE FORCEはShai HuludのMatt Fletcher在籍のyouth crewバンドで、これもINSTEDやYOTをチェックしたら欠かす事は出来ない」

 

熊 「ご隠居もだんだんキャラが…やっぱり著者の力じゃ限界があるんですかね」

 

ご 「言うな熊さん。著者はもう後に引けなくなっている。LIFE FORCEは聞いただけで『こりゃユースっぽくない…』と思うぐらいベテランの風格が漂っておるが、内容は間違い無い」

https://liveage.stores.jp/items/5eac3f7d72b9114059571838

※デモの時点でズバ抜けてました

※ドイツの方はLIFEFORCE、こちらはLIFE FORCEです。半角スペース、大事。



熊 「それにしたってSENSE FIELD作品がいくらか残ってるのも納得いかないですよ!著者なんてブッダジャケのTシャツ買って、うっとり眺めて、舐め回すように写真を撮ってインスタに上げた後にイトー◯ーカドーに着て行ったら、学生に半笑いされたけど、それでも気にしないぐらい好きなんですよ!あの小心な男が!」

https://liveage.stores.jp/items/5eb01b50bd217827e0de094d

※ポイントは左のロゴだ!

https://liveage.stores.jp/items/5ea99f7151576260c3f251e5

※こちらは売り切れとなっております。


https://liveage.stores.jp/items/5ea6bd2755fa0358e7716149

※至高の名盤です。収録時間36分と非常に聴きやすかったり。






ご 「確かにジョン・バンチの遺した作品はどれも間違いない…あ、聴きたくなっちゃった。まあよい。時に熊さんは今のCEREMONYは聴いたかね?」

 

熊 「CEREMONY?いやあBRIDGE NINE時代で止まってますね…。あれでしょ?エモくなったんでしょ?」

 

ご 「これはLIVEAGEのレビューにもあるが、バンド名がバンド名だけに、今ではJOY DIVISIONや初期NEW ORDERの要素が年々高まり、今回爆発しておる。ポストパンクやニューウェーブも巻き込んだ、ちょっとした変化を遂げていてな。メンバーが新しく始めた別バンド”SPICE”もLIVEAGE的にぴったりな気がする」

https://liveage.stores.jp/items/5efcc3b54adba0162e5eb195

※この音でRelapseから出しているのもポイントかと

 

SPICE




ご 「他にはやっぱりMINDFOR…

熊 「ご隠居?なんかさっきから最近のバンドの事ばかり言ってやしませんか??」

 

ご 「気付いたかね熊さん」

 

熊 「気付いたも何も、ご隠居は『自分は90年代のハードコアやエモが大好きだ。90年代の音楽を聴きながら生涯を終えたい』とか言ってたじゃないですか。それがなんだって最近のばかり…」

 

ご 「熊さんはSENSE FIELDを聞いた最初のフォーマットはなんだったかの?」

 

熊 「あーCDでしたね…物によってはレコードとかありましたが」

 

ご 「そのCDやレコード、今どれくらい残っている?」

 

熊 「いやあ、SENSE FIELDとかは手元にありますけど、流石にもう聴かないなハズレかなと思うものはユニオンに売ったりしましたね」

 

ご 「また欲しくなったりせんか?」

 

熊 「中にはありますね。あと買った時は良さがわからず手放したものとか…」

 

ご 「あるあるだな。色んな事情で手放した作品は何かのタイミングでまた欲しくなったりするんだ」

 

熊 「でも今ならサブスクとかあるでしょ?bandcampだってあるし。無理にレコードで買わなくても…」

 

ご 「消えたらどうする?」

 

熊 「え?」

 

ご 「例えば、ある日Spotifyやbandcampが閉鎖したらどうする?データをアップしたクラウドが閉鎖したらどうする?」

 

熊 「クラウドだけに雲散霧消…?」

 

ご 「誰もうまいこと言えとは言っとらん。デジタル配信サービスが普及して久しい。だが直ぐにとは言わないが、いつかは終わりを迎える時が来るんだ。myspaceが5000万曲誤って削除してしまったようにの。自分でレコードやテープをデータ化しても、いつまでも残っている保証は無い。そうなるとフィジカル-レコードやCDが強いとも言える」

 

熊 「確かに…でもそれと新作にどんな関係が??」

 

ご 「昨今は初回300枚500枚プレスからがザラで、それが世界中に出回る。リプレスするものも有るには有るが多くはないだろう。何よりレコードだけのリリースでCD版なんて出なかったりする。買えなかったらサブスクやデジタルで補完すれば良いかもしれない。が、そのサブスクが、極端な話ネットが突然無くなってしまったら?」

 

熊 「ほぼ聴けなくなっちゃうって事ですね。単純に世界で300人しか持ってないと…」

 

ご 「そう。過去の定番や名作は再発の可能性は高い。でも所謂『現行バンド』のレコードはリリースしたら即・どこかで見かけたら即のタイミングで買っておかないと、もしかしたら二度と出会えなくなる可能性があるんだ。大手もレコードやテープに参入してきている今だから尚更な。2020年にリリースされ売り切れた作品が、今後もリプレスされるかどこかに再入荷されるかなんて予想も確証もつかないだろう?」

 

熊 「なるほど…それでLIVEAGE RECORDSにある新しい音源から紹介して行ったわけなんですね」

 

ご 「これは改めて言いたいんだが、定番や名作をないがしろにしているわけではないんだよ。それらが買える場所が沢山あるのはカルチャーが豊かな証拠だ。何より音源の内容は折り紙付きだしの。定番には定番の、新作には新作の良さがあると言うわけだ。それ何より新作も旧作もレコードもデジタルも一緒に楽しむのが一番良い

ところで最初から全く松っちゃんが喋っていないようだが?」

 

熊 「おうそうだ。松、お前もLIVEAGE RECORDS見てたじゃねえか。何か言ってたじゃねえか」



松「いや、Lサイズ着るために痩せねえとなって…」





おあとがよろしいようで。。。




ご隠居が言いかけたMINDFORCEは僕も大好きです。vo.のステージングも最高。




https://liveage.stores.jp/items/5efd49a2df62a94ef72ce26c