LIVEAGE RECORDS : レコードコレクションのすゝめ(入門編)

私は一回、子供が産まれた時に全てのレコードを売っぱらった人間です。

子供が0歳〜2歳くらいまではレコードを聴く時間なんてありません。
聴こうとしても、子供にじゃまされ、挙句の果てに、レコードをスクラッチされ、最後にフリスビーにされます。

なので私は今後もレコードは聴けないと思い、それまで集めたレコードのコレクションをすべて知人やDISK UNIONに売り払いました。
大学生の頃から集めたコレクションでした。本当に大切なレコード以外は全部。

それからは睡眠前と通勤時間のiPodとiPhone(サブスク含む)で耐えました。数年間。

しかしですよ、子供がある程度、大きくなると、子供は一人でアニメをみたり、
ガンプラを作ったりするようになります。あとママと二人でデートしたり。。。
そこに男(父親)が介入しようとすると非常に怒られます(汗)

しかし、それは同時に「レコードを一人で楽しむ時間」の復活を意味します。

子供が9歳の時、私はレコードをまた集め始めました。

なんだか、サブスクとCDとTシャツだけだと満足できないのです。
やはり、ブツ(アナログ)を手に入れて聴きたい。聴かなくてもいいから持っていたい。

どんなレコードが欲しいか考えたりしていました。
膨大なPUNK / NEW WAVE / HARDCORE / HAVEY METAL /INDIE ROCK / COUNTRY / FOLK のリストが頭をよぎりました。
しかし、現実問題、それ、全てを集めるのは無理です。金銭的にも、時間的にも、収納的にも。

その結果、80年代~90年代初期のUS HARDCOREで、YOUTH CREWになにかしら関係のあるレコードを集めようと考えました。それがその時、一番好きなジャンルの音楽だったからです。あと、レコードのデザインとして優れているものが多いと思っていたこともあります。(筋肉ムキムキの男たちが熱く叫んでいる)

まずは名盤と言われるLPを集めていきました。今、おそらく80枚くらいあると思います。それが終わったら、EPを集めました。EPは70枚くらいですかね。

資金はCDを売りました。2000枚あるCDのコレクションで「これはもう聴かないな」というものを集めて1000枚くらいは売りました。○○万円になりました。
そうして資金を作りました。

あとはレコード屋に通ったり、discogsで海外の個人から買ったり、海外通販したりしました。

私のコレクションは小さなコレクションですが、スキが無いように、設計したつもりです。
細く深くを心がけましたが、いわゆるB級といわれるバンドには手をだしませんでした。
きりがないからです。とにかく、聴いてみて自分が燃えるHARDCOREに絞りました。

ルールを厳格化していくことでコレクションの強度は増すのではないかと。(ってコレクションの強度ってなんだよ?って話ですが。。。)

でも、まぁ僕のレコードコレクションなんて、本物のコレクターに比べたら「鼻くそも鼻くそ」なんですけどね。。。本物の人は、「1stプレスじゃないと」とか「ビニール全色、全て集める」とかですからね。

でも、僕はけっこう満足しています。

サウンドシステムもまあまあ良いものを使っているのでそこそこ良い音でレコードが聴けます。スピーカー、アンプ、プレイヤーで合計10万円程度のものです。詳しくないですがONKYOとか昔のDENONのやつを中古で状態の良いものを集めました。

今、どういったレコードをコレクションするか迷っている若い方もいると思うんです。

僕が最近、twitterで見つけたコレクターの方は90年代のアメリカのEMOのレコードをコンプリートしようとしている人がいました。これは素晴らしいなと。
その方のコレクションはだいたい歌ものEMOというのも良いなと。その狭さと深さ。他のものに目をくれない!

その突き詰め方。カッコイイ。

そんな感じで区切りをつけてものを集めていくと、お金がバカみたいかからないので親や嫁さんや子供に文句を言われないというのも大きなメリットです(笑)

ちなみに80年代のHARDCOREの名盤LPがリイシュー(再販)されるのは月に1枚くらいなのでそんなにお金もかかりません。Southan Load recordsのリイシューは盤・スリーブの作りが素晴らしいので絶対に手に入れたいですね。あとはUNIONの帯付き日本盤とか。(とかいいつつ、日本のバンドの新譜はCDでもレコードでも沢山買いますし、気になった海外の新譜も買いますけどね)

これが僕のコレクションに対する考え方です。

実はLIVEAGE RECORDSで取り扱っている80年代〜90年代初期HARDCOREものもほとんど、所有しています。自分が「最高!」と思うものをオススメしたいですからね。

と、こんな感じのレコードコレクションの方法があるよ〜というお話でした。
(僕のコレクターとしてのレベルは非常に低いので、入門者用のお話として読んでくださいね)